Renesas Synergy™

FAQ 3000285 : 不正なメモリ・アクセスにより停止しました。

Q: 質問

RXコンパイラCC-RXを使用しています。

CubeSuite環境でプログラムを動かしているのですが、「不正なメモリ・アクセスにより停止しました」というエラーメッセージが表示され、停止してしまいます。

RXシミュレータのプロパティ→デバッグ・ツール設定より、実行モードを「続行」にすると、上記エラーは出なくなるのですが、延々実行中となり終了しません。
おそらく途中で暴走しているものと思われるのですが、一般的な解決策がありましたら教えて下さい。


A: 回答

まず、「不正なメモリ・アクセスにより停止しました」のエラーが発生した段階で意図しないメモリ領域にアクセスしています。結果、その後続行されても暴走した状態となっていると思われます。

良くあるケースとしては、スタック領域の確保が不足してスタックがオーバーフローした結果発生している場合が考えられます。

まずは、スタックが十分に足りているかご確認をお願い致します。
簡単な方法としては、スタックの確保量を増やして回避できるかご確認いただくのが良いか考えます。

参考FAQ
FAQ 3000259 : CS+でのスタックの使用量の確認方法について

適用製品

RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
統合開発環境 CubeSuite (保守製品)
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください