Renesas Synergy™

FAQ 3000280 : スタック見積もりツール Callwalkerに関する質問まとめ

Q1: 質問
Standard Library versionの選択で、RX(V1/V2)が出てきません。
A1: 回答

RX用のCall.csvは必要ありません。
[Standard Library Version]の設定は"None"でお使いください。
詳細は以下のPage7(9/19)の【注】をご覧ください。

アプリケーションノート
コンパイラパッケージ
Call Walker
https://www.renesas.com/ja-jp/doc/products/tool/apn/rjj06j0073_callwlkr_ap.pdf


Q2: 質問
OSのスタックを入れるために、Tools→Realtime OS Optionで設定しようとしていますが、RTOS.csvが見つかりません。何も設定しなくてよいのでしょうか?
A2: 回答
はい、設定の必要はありません。
RI600V4は、カーネルソース(アセンブラ)で.STACK制御命令を使ってスタックサイズを記述しているため、スタック使用量はCall Walkerに反映されています。

Q3: 質問
TCP/IPプロトコルスタック・ライブラリのスタック使用量についてライブラリ変更しているため、スタック量を再確認したいのですが、LIB作成時は Callwaker用のスタック情報出力できません。
リリースノートに記載のスタック量をCSVファイルに作成してTools→User Library Optionで設定しています。User Library Option指定の必要はありますか?
A3: 回答
スタック使用量情報ファイルの出力はリンク・オプションです。
ビルド後にライブラリ内の関数のスタック使用量が分からない場合は、
Call Walkerの画面上で関数シンボルの追加やスタックサイズを編集することも出来ます。

Q4: 質問
SocketのCallback関数が途切れるので呼び出し関数の下に追加しようとすると、
t4_tcp_generic_callbackは既に登録済みとエラーになりますが、どのように対応すればいいのでしょうか?
A4: 回答
Call Walkerは静的なスタック最大使用量を算出するツールなので、動的な最大使用量を調べることはできません。情報を編集する場合も制約はあります。
階層を変えるなど工夫して最大使用量が表示されるよう編集してください。

参考URL
FAQ 3000259 : CS+でのスタックの使用量の確認方法について

適用製品

RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください