Renesas Synergy™

FAQ 3000271 : CC-RXコンパイラ V1とV2に関する質問まとめ

Q1 : 質問
CC-RX V1のライセンスを所有していますが、CC-RX V2を使用することができますか?
A1 : 回答
CC-RX V1とV2は別製品になっておりライセンスキーが異なります。別途、購入して頂く必要があります。

Q2 : 質問
CC-RX V1のライセンスキーをV2に変更することは可能ですか?
A2 : 回答
現在所有されているV1のライセンスキーからV2への変更には対応していません。
大変申し訳御座いませんが、CC-RX V2の新規御購入になります。

Q3 : 質問
CS+の最新版でCC-RX V1を使うことはできますか?
A3 : 回答
下記のFAQを御参照いただき、2以降を実行してください。
FAQ 1011320 : CubeSuite+からCS+への移行方法について

または下記のFAQの「CubeSuite+ からCS+へアップデートを実施されている場合」を御参照ください。
FAQ 3000270 : W0561017メッセージ(CC-RX)

Q4 : 質問
V1とV2との違い、V2のライセンスを取得する目安を教えてください。
A4 : 回答
RX64M~RX71MなどのRXv2 CPUコアが対象の場合は、CC-RX V2の使用をお奨めします。
V2はV1と比較してコンパイラの性能向上(ROMサイズや実行性能)や RXv2コア搭載デバイスに対応したコンパイラとなっています。CC-RX V1とV2のどちらでもコンパイルは可能ですが生成されるコードの性能はV2の方が高くなります。RXv1 CPUコアが対象の場合はCC-RX V1で問題ありません。
CC-RX V1は、RX631等のRXv1 命令セットアーキテクチャ(RXv1)のコードを生成します。
CC-RX V2は、RX71M等のRXv2 命令セットアーキテクチャ(RXv2)のコードを生成します。
ただし、CC-RX V2でRXv1のコードを生成することも可能です。
CC-RX V2でRXv2向けにコンパイルすると、V1の場合より若干サイズが増える傾向があります。
もしRXv2コアを搭載したマイコンのご使用を検討されている場合や 更に性能向上をしたい場合はCC-RX V2を
ご使用頂く事になります。搭載しているコアに関しては弊社Webの各デバイスのページに記載していますのでご参照下さい。また、詳細に関してはCC-RX V2の無償評価版環境でお試し評価頂く事も可能です。

参考FAQ

FAQ 3000270 : W0561017メッセージ(CC-RX)
FAQ 1011151 : CS+のバージョンをアップしたらCC-RXコンパイラが使用できなくなりました

適用製品

RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください