Renesas Synergy™

FAQ 104339 : E8a/E8/E7エミュレータでデバッグする場合のSSU、IIC2、SCI3 のクロック出力

Q: 質問
H8/300H TinyシリーズをE8a/E8/E7エミュレータでデバッグ中にブレークが発生すると、SSU、IIC2、SCI3 がクロックを出力してしまいます。
回避方法はありますか。

 


A: 回答
IOレジスタウィンドウでSynchronous Serial Communication Unit(SSU)の SSRDRレジスタ、IIC Bus Interface Controller 2(IIC2)のICDRRレジスタ、 Serial Communication Interface 3(SCI3)のRDRレジスタを表示している場合、もしくはメモリウィンドウでそれらのレジスタアドレスを表示している場合に本現象が発生します。

デバッグ中にIOレジスタウィンドウ、メモリウィンドウが更新されると、該当するレジスタがリードされその結果クロックが出力されてしまいます。

本現象を回避するには該当するレジスタにアクセスしないようにするしかありません。 IOレジスタウィンドウの場合は該当するモジュールのレジスタ全てを見ないようにするか、以下のフォルダにある[使用マイコン].ioファイルの記述から該当レジスタを、E7ユーザマニュアル「付録E I/O ファ イルフォーマット」もしくはHigh-performance Embedded Workshopユーザマニュアル「リファレンス6 I/O ファイルフォーマット」 の項に従って削除してください。

E7の場合:
[High-performance Embedded Workshopインストールフォルダ]
 \Tools\Renesas\DebugComp\Platform\E7\IOFiles

E8の場合:
[High-performance Embedded Workshopインストールフォルダ]
 \Tools\Renesas\DebugComp\Platform\E8\IOFiles

E8aの場合:
[High-performance Embedded Workshopインストールフォルダ]
 \Tools\Renesas\DebugComp\Platform\E8a\IOFiles

メモリウィンドウの場合は、カーソルをメモリウィンドウ上に置き、右クリックで「表示固定」にすれば自動的に更新されることはありません。

 

適用製品

E7
E8
E8a
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください