Renesas Synergy™

FAQ 2000089 : BSPスタック、BSPヒープ、およびThreadXのスタックとヒープの違いは何ですか?

- BSPスタックとは、初期化中にThreadXが最初のスレッドを開始するまで使用するスタックです。すなわちRTOS非使用時専用のスタックです。

- BSPヒープとは、malloc、realloc、freeで使用するものです。

- ThreadXの各スレッドは、それぞれ独自のスタックを持っており、他の各スレッドとシステム(BSP)から独立しています。

- スレッド固有のヒープはありません。これについては、ThreadXのバイトプールやブロックプールサービスを利用できます。

- first_unused_memoryによって、最初に利用可能(free)なRAMメモリの位置情報を保持します(すなわち、変数、ヒープ、スタックなどに割り当てられていないもの)。

- tx_application_define_userは、すでにsynergyで生成したコードで呼び出します。ユーザーコードで直接呼び出さないようにしてください。

 

適用製品

Renesas Synergy™ プラットフォーム
Renesas Synergy™ ソフトウェア
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください