Renesas Synergy™

FAQ 3000026 : 異なる割り込み要因への同じ割り込み関数の指定(CC-RL)

Q: 質問

RL78コンパイラCC-RLを使用しています。異なる割り込み要因で、同じ割り込み関数を指定する方法を教えてください。


A: 回答

Cソースファイル上で、1つの関数に対して複数の割り込みを指定することはできません。
リンカの-vectnオプション、または、アセンブリ・ソース・ファイルの.VECTOR疑似命令で、割り込みベクタに対して、 関数を指定してください。

(例) -vectnオプション
割り込みベクタアドレス:0x04,0x06,0x0a
割り込み関数(C言語):dummy_int
の場合は、
-vectn=4=_dummy_int,6=_dummy_int,a=_dummy_int
のように設定してください。

(例).VECTOR疑似命令
割り込みベクタアドレス:0x04,0x06,0x0a
割り込み関数(C言語):dummy_int
の場合は、 次のように記述してください。
.EXTERN _dummy_int
_dummy_int    .VECTOR    0x04
_dummy_int    .VECTOR    0x06
_dummy_int    .VECTOR    0x0a

 

適用製品

e2 studio
CS+ (旧 CubeSuite+)
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください