Renesas Synergy™

FAQ 3000005 : 割り込み関数と-VECTオプション(CC-RL)

Q: 質問

RL78コンパイラCC-RLを使用しています。リンカの-VECTNオプションで割り込みにしたい関数を指定しているのですが、割り込み関数として扱われません。

 


A: 回答

リンカの-VECTNオプションは割り込みベクタテーブルに、関数のアドレスを設定する機能です。
割り込みに対応したオブジェクト・コードを出力したい場合は、Cソースファイルで#pragma interruptまたは#pragma interrupt_brkを記述してください。

 

適用製品

e² studio
CS+ (旧 CubeSuite+)
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください