Renesas Synergy™

FAQ 3000003 : アセンブラでのSFR予約語の使用(CC-RL)

Q: 質問

RL78コンパイラCC-RLを使用しています。Cソースファイルで、SFRにアクセスする場合には、iodefine.hファイルをインクルードしています。アセンブラでSFRをアクセスする際にインクルードするファイルは存在しないのでしょうか?

 


A: 回答

CC-RLのアセンブリ言語用の「iodefine.h」に相当するものはありません。
CC-RLのアセンブラでは、デバイス依存情報ファイルを読み込んでいますので、そのままSFRの予約語を使用することができます。
なお、「iodefine.h」はC言語で記述されていますので、アセンブラソースファイルで利用することはできません。

 

適用製品

e2 studio
CS+ (旧 CubeSuite+)
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください