Renesas Synergy™

FAQ 2000043 : ストップモード解除条件でクロック同期シリアルは、クロック信号の立ち上がり/立ち下がりで解除できると思いますが、クロック非同期形シリアルはクロック信号がないのですが、どの信号が解除要因となりますか?

両者とも外部クロックを供給していれば、ストップモードからの復帰要因として使用可能です。クロック同期形シリアルに関してですが、外部クロック供給を選択時、入力されるクロックの最後のビットの立ち下がり/立ち上がりで割り込みが発生します。その際の割り込みにより、ストップモードが解除されます。
クロック非同期形シリアルの場合、外部クロックを選択していれば、データの送信 または 受信完了時に発生する割り込みにより復帰が可能です。

適用製品

M16Cシリーズ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください