Renesas Synergy™

FAQ 2000004 : Synergyソフトウェアパッケージ(SSP)コンフィギュレーションのGLCD HALモジュールを使用して、LCDパネルを設定する方法は?

SSPの設定を行う前に、各種パネルインタフェースのパラメータについて理解されていることが重要です。
まず初めに、コンフィギュレーションに使用する各種スクリーンパラメータのフォーマットをご覧ください。下図は、一般的に使用されるパラメータをSSPコンフィギュレーションエントリにマッピングする方法を示しています。

上記パラメータは一般的なものですので、特定のLCDパネルの仕様に容易にあてはめることができますが、以下の2つの重要な違いがあることをご承知おきください。

水平バックポーチサイクル:GLCDC HALモジュールの水平バックポーチサイクルは、Hsyncサイクルの開始により始まります。
すなわち、Hsyncサイクル内にバックポーチサイクルが含まれます。
垂直バックポーチライン:GLCD HALモジュールの垂直ポーチラインは、Vsyncラインの始点から始まります。
すなわち、垂直バックポーチラインにVsyncラインが含まれます。

コンフィギュレーション例
・PE-HMI1 v2.0ボード(LXD Research & Display, LLC, M7504A)の設定例
LCDパネルのリフレッシュレートを60Hzにするため、下表のように水平方向の全周期、垂直方向の全ライン、およびパネルクロック分割比を設定します、
(LCDパネルのパラメータの詳細については、M7504Aデータシートをご参照ください)

・DK-S7G2 v3.0ボード(LXD Research & Display, LLC, M7190A)の設定例

LCDパネルのリフレッシュレートを60Hzにするため、下表のように水平方向の全周期、垂直方向の全ライン、およびパネルクロック分割比を設定します。
(LCDパネルのパラメータの詳細については、M7190Aデータシートをご参照ください。)

・SK-S7G2 v2.0ボード(ILI Technology Corp., IL9341C)の設定例
この設定例では、パネルとLCDパネルのリフレッシュレートを約76.8Hzにできるように、水平方向の全周期と垂直方向の全ラインが可能な限り大きく設定されています。
(LCDパネルのパラメータの詳細については、LIL9314Vデータシートをご参照ください。)

 

適用製品

Renesas Synergy™ プラットフォーム
Renesas Synergy™ ソフトウェア
Renesas Synergy™ マイクロコントローラ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください