Renesas Synergy™

FAQ 104301 : コンパイラパッケージのHigh-performance Embedded WorkshopがインストールされているPCにE7のHigh-performance Embedded Workshopをインストールするとどうなりますか? また、E7のHigh-performance Embedded WorkshopがインストールされているPCにコンパイラパッケージのHigh-performance Embedded Workshopをインストールするとどうなりますか?

回答

最初にコンパイラパッケージ Ver6.x、Ver5.xをインストールした場合

同一フォルダにインストールすることによりビルドとデバッグをひとつのHigh-performance Embedded Workshopから操作することができるようになります。(E7ソフトウエアVre2.0.00以降で対策されています)

必ず同一フォルダに全てのコンポーネントをインストールしてください。

  1. コンパイラパッケージをリビジョンアップして最新版にしてください
  2. お持ちのE7のCDをドライブに挿入した状態でバージョンアップ用プログラムを起動してください。
  3. すでに製品に同梱されたE7ソフトウェアをインストールしている場合(注)はそのままバージョンアップ用プログラムを起動してください。
  4. High-performance Embedded Workshopのみのバージョンアップを行ってください。

ご注意:E7 Ver1.0.00がすでにインストールされている状態でアップデートをした場合

  • その後、"(High-performance Embedded Workshopインストールディレクトリ)\System\Sec\Hitachi Debugger\Debugger.hsc"を削除してください。
  • "(High-performance Embedded Workshopインストールディレクトリ)\pretools.hdb"を削除してください。
    (pretools.hdbが存在しない場合は、何も行う必要はございません)

コンパイラパッケージ5.0.05より古いバージョンをお持ちで5.0.05へのりビジョンアップを行わず、(古いバージョンのままで)E7を使用したい場合には別途お問い合わせください。
(コンパイラパッケージ、E7のバージョンをあわせてご連絡ください)

最初にコンパイラパッケージ Ver4.xがインストールされている場合

  1. この場合はHigh-performance Embedded Workshopのバージョンが1.xになりますのでE7は別のフォルダにインストールしてください。
  2. E7のソフトウェアを最新版にバージョンアップしてください。
  3. E7のHigh-performance Embedded Workshopを起動してアドミニストレーションからHigh-performance Embedded Workshop1.xのツールチェインを登録してください。
  4. 新規ワークスペースの作成はHigh-performance Embedded Workshop 1.xで行い、その後E7のHigh-performance Embedded Workshopでそのワークスペースを起動しニューバーの[オプション]から[デバッグの設定] -> [ターゲット]にE7を選択してE7を起動してください。
  5. High-performance Embedded Workshopのみのアップデートも可能です。
    (その場合は自動的にE7のHigh-performance Embedded Workshopだけアップデートされます)
  6. E7のHigh-performance Embedded Workshopからビルドとデバッグを行ってください。
  7. 最新版のコンパイラパッケージの購入をお勧めします。

最初に無償版コンパイラがインストールされている場合

同一フォルダにインストールすることによりビルドとデバッグをひとつのHigh-performance Embedded Workshopから操作することができるようになります。
(E7ソフトウエアVre2.0.00以降で対策されています)

必ず同一フォルダに全てのコンポーネントをインストールしてください。

  1. 2003/3/31以前に入手した無償版コンパイラは使用できません。
  2. .お持ちのE7のCDをドライブに挿入した状態でバージョンアップ用プログラムを起動してください。
  3. すでにE7をインストールしている場合はそのままバージョンアップ用プログラムを起動してください。
  4. High-performance Embedded Workshopのみのバージョンアップを行ってください。

ご注意:E7 Ver1.0.00がすでにインストールされている状態でアップデートをした場合

  • その後、"(High-performance Embedded Workshopインストールディレクトリ)\System\Sec\Hitachi Debugger\Debugger.hsc"を削除してください。
  • "(High-performance Embedded Workshopインストールディレクトリ)\pretools.hdb"を削除してください。
    (pretools.hdbが存在しない場合は、何も行う必要はございません)

すでにE7がインストールされている場合

同一フォルダにインストールすることによりビルドとデバッグをひとつのHigh-performance Embedded Workshopから操作することができるようになります。

必ず同一フォルダに全てのコンポーネントをインストールしてください!

  1. お手持ちのE7のソフトがVer1.0.00の場合はVer2.0.00以降にバージョンアップしてください。
  2. コンパイラパッケージ無償版、Ver5.xもしくはVer6.xをE7と同一フォルダにインストールしてください。
  3. .コンパイラパッケージが最新で無い場合最新版にリビジョンアップしてください。
  4. High-performance Embedded Workshopのみのバージョンアップも可能です。

適用製品

High-performance Embedded Workshop
E7
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください