Renesas Synergy™

FAQ 104139 : "-repeat"オプション(SuperHファミリ用C/C++コンパイラパッケージ Ver.8以降)を指定したら、実行時に不当命令例外が発生しました。

回答

"-repeat"オプションは、LDRC命令をサポートしたCPUのみ使用することができます。
シミュレータのターゲット設定で、[SH3-DSP Simulator]および[SH3-DSP Simulator (Little endian)]はLDRC命令がサポートされていませんので、不当命令例外が発生します。
LDRC命令を含むアプリケーションをシミュレーションする場合には、[SH3-DSP(Core) Simulator]、または[SH3-DSP(Core) Simulator (Little endian)]を使用して下さい。

また、SRレジスタのDSPビットが0の時にDSP命令を実行した時にも不当命令例外が発生します。
組み込み関数(set_cr)などを使用して、SRレジスタのDSPビットを1に設定して下さい。

適用製品

High-performance Embedded Workshop
SuperHファミリ用シミュレータデバッガ [High-performance Embedded Workshop対応]
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください