Renesas Synergy™

FAQ 107385 : 統合開発環境High-performance Embedded Workshop V.4.05.00以降で起動時に異常終了します。

Q: 質問

統合開発環境High-performance Embedded WorkshopV.4.05.00以降で起動時に異常終了するようになりました。どうしたらよいでしょうか? 


A: 回答

統合開発環境High-performance Embedded Workshop以外のアプリケーションを インストールまたはアンインストールしたことによって、 ヘルプシステムファイルのレジストリ情報に不整合が発生していることが原因で High-performance Embedded Workshopが異常終了した可能性があります。

以下の手順でヘルプシステムファイルのレジストリ情報に不整合が発生していないか 確認することができます。

ヘルプシステムファイルのレジストリ情報の確認方法:

  1. チェッカの圧縮ファイルCheckDllsForChm.zip をダウンロードして下さい。
  2. ダウンロードした圧縮ファイルを解凍して、スクリプトファイル CheckDllsForChm.vbsを任意の場所に保存してください。 CheckDllsForChm.vbsをダブルクリックすると、以下いずれかのメッセージが 表示されます。
    • レジストリ情報に不整合がある場合のメッセージ:
      ITSS.dll is registered in your system as "C:\xxx\xxx\xxx\ITSS.dll".
      But ITSS.dll does not actually exist in the folder.
    • レジストリ情報が正常な場合のメッセージ:
      Two DLLs nessesary to display HtmlHelp(*.chm) are successfully installed on your system.

レジストリ情報に不整合があるメッセージが表示された場合、以下の操作を実施して ください。

  • Windowsのスタートメニュー[ファイル名を指定して実行...](図1)から下記の コマンドを実行してください。
    • Windows(R) XP / Vista(R) の場合:
      regsvr32 C:\windows\system32\hhctrl.ocx
      regsvr32 C:\windows\system32\itss.dll
    • Windows(R) 2000の場合:
      regsvr32 C:\winNT\system32\hhctrl.ocx
      regsvr32 C:\winNT\system32\itss.dll

レジストリ情報が正常なメッセージが表示された場合、他の原因が考えられます。 この場合、以下の情報を添えて、「日本国内お問合せ」ページからお問い合わせください。

  1. PC環境(OS、CPU、メモリ容量)
    コントロールパネルの「システム」を起動して「システムのプロパティ」 ダイアログボックスを開き、全般タブをクリックした画面に表示されている 「システム」と「コンピュータ」の情報(図2)。
  2. High-performance Embedded Workshopのバージョン
    Windowsのスタートメニューから「Multiple Install Manager」を起動して、 メンテナンスダイアログボックスに表示されているHigh-performance Embedded Workshopのバージョン(図3)。 Multiple Install Managerはデフォルトではスタート→ すべてのプログラム→ Renesasメニューに登録されます。
  3. エラーメッセージ等の異常終了内容の詳細情報
    High-performance Embedded Workshopが異常終了したときに出力された メッセージなどの情報。

 

 

適用製品

High-performance Embedded Workshop
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください