Renesas Synergy™

FAQ 1008730 : バス・サイジング(Bus Sizing)

アクセス対象デバイスのデータ・バス幅に応じて、バス・マスタ・デバイスの外部データ・バス幅を設定または変更することです。
たとえば、外部32ビット・データ・バスのCPUで、メモリやI/Oをアクセスする場合、そのままでは32ビット・データ・バスのメモリやI/Oでなけれ ば接続できません。しかしバス・サイジング機能で、CPUの外部データ・バスを16ビットに設定できれば、16ビット・データ・バスのメモリやI/Oを接 続できるようになります。
バス・サイジングには、起動時に端子電位で設定するだけのスタティック・バス・サイジングと、動作中に端子電位やレジスタ設定で変更できるダイナミック・ バス・サイジングの2種類があります。
また、メモリ空間をいくつかに分割して、それぞれに異なるバス幅を指定できるCPUもあります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください