Renesas Synergy™

FAQ 103934 : FLGレジスタのOフラグとCフラグはどちらも演算による桁あふれのときに"1"になるようだが、どこがちがうのか?

FLGレジスタのOフラグは、符号付きの演算において桁あふれの有無を参照するためのフラグです。バイトサイズの例では、演算の結果が負の最小値(80h)より小さい、又は正の最大値(7Fh)を超えたときに"1"になります。
それに対してCフラグは、符号なしの演算において桁あふれの有無を参照するためのフラグです。バイトサイズの例では、演算の結果が最大値(FFh)を超えたときに"1"になります。また最小値(00h)より小さくなったときは"0"になります。

適用製品

R8C/18
R8C/19
R8C/1A
R8C/1B
R8C/20
R8C/21
R8C/22
R8C/23
R8C/24
R8C/25
R8C/26
R8C/27
R8C/28
R8C/29
R8C/2A
R8C/2B
R8C/2C
R8C/2D
R8C/2E
R8C/2F
R8C/2G
R8C/2H
R8C/2J
R8C/2K
R8C/2L
R8C/32C
R8C/33C
R8C/34C
R8C/35C
R8C/36C
R8C/38C
R8C/3GC
R8C/3JC
R8C/32D
R8C/33D
R8C/35D
R8C/3GD
R8C/33T
R8C/38A
R8C/34E, R8C/34F, R8C/34G, R8C/34H
R8C/36E, R8C/36F, R8C/36G, R8C/36H
R8C/38E, R8C/38F, R8C/38G, R8C/38H
R8C/L35C
R8C/L36C
R8C/L38C
R8C/L3AC
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください