Renesas Synergy™

FAQ 1008650 : ノイズ発生には、どのような要因がありますか。

単位時間当たりの電圧/電流の変化(量や向き)が大きいときに、ノイズが発生しやすくなります。このため、大電力や高周波の回路は、ノイズ源となることがあります。
ノイズの伝達経路は、電源/グランドや信号線といった配線の場合と、電磁波となって空中に放射される場合(クロストークなど)があります。
ノイズ発生の要因として、セットの構造や回路の電気特性(電流や動作速度、インダクタンス)などがあります。ブラシ・モータ、切片式のリレーやスイッチ は、スパークによるサージ・ノイズ(雷と同様)や電源/グランド・ノイズの発生源となることがあります。また、基板上の配線が直角や鋭角の場合は、ノイズ が空中放射されやすくなります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください