Renesas Synergy™

FAQ 1006016 : オペアンプのCMR(Common Mode Rejection:同相信号除去比)とは?

入力電圧を変化させた場合に変動した入力オフセット電圧との変動比を示します。

CMR=△VI/△VIO

通常はDC変動分を対象としております。
この値が大きければ同じ△VIである場合に△VIOが小さいことを示します。
したがって、2つの入力に対し同一条件で影響を与えるモードの信号(ノイズ,ドリフト等)がどれだけ抑圧されるかの程度を表します。
尚、CMRは出力への誤差とし影響する一因ともなります(インフォメーション「オペアンプの用語と特性」2.7 同相信号除去比の影響をご参照下さい)。

 

適用製品

オペアンプ
CMOSオペアンプ
バイポーラオペアンプ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください