Renesas Synergy™

FAQ 1005996 : オペアンプの特性は、どのように判断するのですか?

次の3項目で判断できます。

  • 利得帯域幅積(G・B積)
  • ゼロクロス周波数
  • スルーレート

それぞれの規格値が大きいものが高速・広帯域ですが、処理する信号の周波数によって、適切なオペアンプを選択する必要があります。これらの項目が電気的特性の表に記載されていない場合は、特性曲線に記載されている次の3つのグラフで判断してください。



オペアンプの差動ゲインと周波数の関係を示します。オペアンプは、DCから低周波域では高ゲインですが、高周波域ではゲインが低下します(斜線部分が設計可能範囲)。

 

出力がひずまずに振動できる最大周波数(サイン波)を示します(斜線部分が設計可能範囲)。

 

パルス入力に対する、出力応答特性を示します。

適用製品

オペアンプ
CMOSオペアンプ
バイポーラオペアンプ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください