Renesas Synergy™

FAQ 1002598 : DCOK/SYSCLK共に Highを印加し、バウンダリ・スキャン・テストを実行すると、 コアロジックにダメージを与えるのでしょうか?

Q : 質問

64bitマイクロプロセッサ VR12000(uPD30710)MIPS R10000 Microprocessor User's Manual (Version2.0 October 10,1996) の p.203 11章 JTAGインタフェース・オペレーション の記述について、 JTAG試験(バウンダリ・スキャン)を実施する際に DCOK端子を Highにし、 SYSCLK端子を駆動させると
コアロジックにダメージを与える可能性がある、 と記述されていますが、DCOK/SYSCLK共に Highを印加し、バウンダリ・スキャン・テストを実行すると、 やはりコアロジックにダメージを与えるのでしょうか?


A : 回答 

はい、致命的なダメージを与えるおそれがございます。

(補足)
VR10000/12000系のデバイスは内部回路に多くのダイナミック回路を使用しております。 従って、適切な
クロックが供給されない状態では内部的に過電流が流れてしまい、 デバイスのダメージを与えてしまいます
(これは通常動作でも同じです)。
お問い合わせの場合にも、内部的に適切なクロックが供給されない状態となりますので、 そのような使用方法はおやめください。 (DCOKを Highにした場合には SYSCLKには 30MHz以上の信号がないとダメージを与える可能性があります。)

 

適用製品

VR12000

 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください