FAQ 1011649 : 複数のヘキサファイル(インテル拡張ヘキサ・ファイルファイルまたはモトローラ・Sレコード・ファイル)を結合し、1つのヘキサ・ファイルを生成することは可能ですか。

Q: 質問

複数のヘキサファイル(インテル拡張ヘキサ・ファイルファイルまたはモトローラ・Sレコード・ファイル)を結合し、1つのヘキサ・ファイルを生成することは可能ですか。


A: 回答

コマンドライン上で、最適化リンケージエディタを起動し、複数のヘキサ・ファイルを結合することが可能です。モトローラ・Sレコード・ファイルまたは、インテル拡張ヘキサ・ファイルを複数読み込み、内部データを確認し、アドレスの低い順にファイルを結合します。

指定例:file1.motとfile2.motを結合してfile3.motを生成する場合
"C\...\rlink.exe" file1.mot file2.mot -form=stype -output=file3.mot

-listオプションを指定いただくと、結合の詳細を記した情報ファイル(リンケージリストファイル)が出力されます。
-s9オプションを指定いただくと、モトローラ・Sレコード・ファイル出力時にエントリアドレスが0x10000 を超える場合でも、S9 レコードを終端に出力します。
*.hexを結合する場合は、-form=hexを指定ください。

CS+を使用する場合は、以下に上記コマンドを入力することにより、ビルド後に自動で実行することが可能です。
CC-RX(ビルド・ツール)プロパティの[共通オプション]タブ→[その他]カテゴリ-→[ビルド後に実行するコマンド]プロパティ

e2studioを使用する場合は、以下に上記コマンドを入力することにより、ビルド後に自動で実行することが可能です。
[Renesas Tool Settings]→[ビルド・ステップ]タブ→”ビルド後のステップ”

なお、入力ファイルの種類を混在することはできません。

 

 

適用製品

RH850ファミリ用Cコンパイラパッケージ
RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください