Renesas Synergy™

FAQ 104109 : 標準ライブラリが存在しません。(SHC V6,7, H8C V4,5)

Q: 質問

標準ライブラリが存在しません。(SHC V6,7, H8C V4,5)


A: 回答

SHC V5、H8C V3以前では、製品に標準ライブラリを添付しておりました。
しかし、SHC V6, H8C V4以降では、製品に標準ライブラリを添付しておらず、標準ライブラリ構築ツールを使用して標準ライブラリを生成する必要があります。
下記設定により、標準ライブラリを作成して下さい。
なお、ソースファイル上には、#include <***>などのように、標準ライブラリヘッダファイルのインクルードを記述して下さい。

[High-performance Embedded Workshop1.2の場合]

 HEWメニュー:[Options -> *** Library Generator]
 [Mode]:"Build a library file"を選択して下さい。
 さらに、[Category]タブにて、必要なライブラリにチェックを付けて下さい。

 また、リンクオプションでサブコマンドファイルを使用している場合には、サブコマンドファイル中に、下記コマンドを追加して下さい。

  library <生成される標準ライブラリ>.lib

 サブコマンドファイルを使用していない場合には、作成された標準ライブラリが自動的にリンクされます。

[High-performance Embedded Workshop2以降の場合]

 HEWメニュー:[Options -> *** Standard Toolchain]
 [Standard Library]タブ
 [Category]:"Mode"選択
 [Mode]:"Build a library file"または、"Build a library file (anytime)"または、
 "Build a library file (option changed)"を選択して下さい。
 (*)High-performance Embedded Workshop2.0と、High-performance Embedded Workshop2.1では、選択できる項目が異なります。

 さらに、[Category]:"Standard Library"にて、必要なライブラリにチェックを付けて下さい。

 また、リンクオプションでサブコマンドファイルを使用している場合には、サブコマンドファイル中に、下記コマンドを追加して下さい。

  library <生成される標準ライブラリ>.lib

 サブコマンドファイルを使用していない場合には、作成された標準ライブラリが自動的にリンクされます。

[コマンドラインでのご使用の場合]

 コンパイラ(shc.exe)と同じフォルダに、lbgsh.exe(SHの場合)、lbg38.exe(H8の場合)が存在します。本ツールにより、 標準ライブラリを作成し、リンクオプションでリンクして下さい。本ツールの使用方法は、オンラインマニュアル「コンパイラ、アセンブラ、最適化リンケージ エディタ ユーザーズマニュアル」の「5. 標準ライブラリ構築ツール操作方法」にあります。

 

 

適用製品

SuperHファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
H8SX,H8S,H8ファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください