Renesas Synergy™

FAQ 1011598 : バイナリデータの挿入(CC-RL)

Q: 質問

RL78コンパイラCC-RLを使用しています。バイナリのデータを挿入したいのですが、どのようにすればよいですか?


A : 回答

アセンブラのBINCLUDE制御命令、または、リンカの-binaryオプションを使用してください。

  • BINCLUDE制御命令
    アセンブラのBINCLUDE制御命令を使用して、バイナリデータのファイルをインクルードしてください。
    (例)
      $BINLULUDE"test.bin"
  • -binaryオプション
    リンカの-binaryオプションで、バイナリデータのファイルを指定してください。
    (例)test.binファイルの内容を。CONSTF属性のbsecセクション名として指定
    -binary=test.bin(bsec/CONSTF)

CC-RL V1.04.00以前のリンカの-binaryオプションでは、0x0000~0xffff番地までしか配置できませんので、0x10000番地以上に配置する場合には、アセンブラのBINCLUDE制御命令を使用してください。

 

 

適用製品

e² studio
CS+ (旧 CubeSuite+)
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください