Renesas Synergy™

FAQ 103968 : JMP命令、JSR命令などにおいて、分岐先アドレスを必ず偶数にする方法を教えて下さい。

回答

アセンブラ制御命令".ALIGN"を使用して、セクション内のロケーションカウンタ値を境界調整数の倍数に補正していただくことになります。アセンブラでの記述例は以下のようになります。

.SECTION A,DATA,ALIGN=2DATA1
.DATA.W H'0001DATA2
.DATA.B H'02
.ALIGN 2DATA3
.DATA.W H'0003
.END

上記では、DATA2で、1バイトデータを確保していることにより、次のロケーションカウンタ値が奇数番地になってしまいます。
従って、".ALIGN 2"で、ロケーションカウンタ値を2の倍数番地に補正しています。

適用製品

SuperHファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
H8SX, H8S, H8ファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください