Renesas Synergy™

FAQ 1010082 : R5F213MCQNNP(R8C/3MQグループ)のプログラムをE1/E20でデバッグ時エミュレータの設定

Q: 質問

R5F213MCQNNP(R8C/3MQグループ)のプログラムをオンチップエミュレータ(E1またはE20)でデバッグしますがエミュレータの設定で気をつけることはありますか?


A: 回答

E1/E20の[コンフィグレーションプロパティ]ダイアログボックス内のデバッグモニタ配置領域は、ユーザフラッシュ領域(U)を選択し、開始アドレスを04000h~1F800hの範囲内で設定してください。
固定割り込みベクタ領域を含まないようにしてください。 また、データフラッシュ領域(D)は選択しないでください。
詳細は、こちらか らE1/E20エミュレータユーザーズマニュアル別冊 (R8C/3xシリーズ R8C/Lxシリーズ 接続時の注意事項)の「4.13.1 システムタブ」および「7.E1/E20エミュレータ使用上の注意事項」→ 表 7.10 E1/E20エミュレータ用プログラム占有領域(R8C/3MQ)をご参照ください。

なお、ユーザプログラムが112KBを超えていた場合もプログラムダウンロード時にウォーニングメッセージは出力されません。
ユーザプログラム容量はmapファイルで確認してください。

適用製品

R8C/3MQ
E1 [R0E000010KCE00]
E20 [R0E000200KCT00]
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください