Renesas Synergy™

FAQ 1008192 : リンク時に、メッセージ F4411: multiple inclusion of same file attempted, ignored. が表示されますが、どうすればよいですか?

回答

このメッセージは、スタート・アップ・ファイルとして登録するオブジェクトのソースが、 アセンブルするソース対象として登録されている場合に表示されます。

つまり、スタート・アップ・ファイルとしてstart.oが登録されていて、 さらにそのソースstart.sがアセンブルする対象として登録されているような場合です
(RX850 Proの場合はstart.oをboot.o、start.sをboot.sに読み替えてください)。


PM+のプロジェクトの設定ダイアログで、"ソースファイル名"のリストからstart.sを削除し、 かつ、リンカ・オプション設定ダイアログで、 "スタートアップファイル"のstart.sをstart.oに変更してください。


また、ROM化用オブジェクトを作成する際、 ROM化用確保コードを自分で作成する場合にも同じ現象が起きます。
対処方法はstart.oのときと同じく、ソース・ファイルとして登録しないでビルドすることです。


特に、リアルタイム OS を使用したアプリケーションでは、 必ず独自のスタート・アップ・モジュールを使用することから、この作業を行っておく必要があります。


また、リンカのフラッシュ対応オブジェクトの生成で、-zf で指定したブート・オブジェクト・ファイル名がリンカの入力ファイル名と同じである場合、このエラーとなります。
この場合は、どちらかのファイル名を変更してください。

 

適用製品

V850用コンパイラパッケージ [CA850]

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください