Renesas Synergy™

FAQ 1002727 : uPD78F0034A と uPD78P018F の割り込み要求端子のノイズ耐性に違いがあるようです。 違いの理由について教えてください。

uPD78P018Fの INTP0はクロックによるサンプリングを行っており、 割り込み要求を確実に受け付けるには2サンプリング周期以上のパルス幅が必要となります。
これにより、1サンプリング周期未満のノイズに対しては完全に除去できます。
ただし、その分だけ受け付けタイミングが遅れることになり、 また STOPモードの場合には使用できない等の制限があります。

一方、uPD78F0034Aではクロックによるサンプリングを行っていないため、 割り込み要求信号が入ると直ちに受け付けます。
そのため、シュミット・トリガ入力のスレッシュホールド・レベルを越えるようなノイズが入力された場合には、 割り込み要求として受け付けてしまう可能性があります。
ノイズが多い環境の場合には、割り込み処理の中で P00を読み込んでノイズかどうかの判定を行うか、 外部で何らかの対策が必要となります。

適用製品

UPD78003xA
UPD7801xF
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください