Renesas Synergy™

FAQ 1006027 : オペアンプの入力換算電圧性ノイズ(en)/入力換算電流性ノイズ(in)とは?

特にオーディオのプリアンプ等では小信号のゲインを高くとる為、本特性が重要視されます。オペアンプの中で発生するノイズにもオフセットと同様に雑音電圧 と雑音電流の2種類があります。入力オフセット電圧にのるものが入力換算電圧性ノイズ、入力バイアス電流にのるものが入力換算電流性ノイズです。入力換算 値なので、入力オフセット電圧と同様に増幅率倍されて出力に現れます。入力換算電流性ノイズは信号源抵抗との積により入力換算電圧性ノイズと見做され、電 圧性ノイズに加算されます。従って、信号源抵抗が高くなるほど出力に出て来るノイズは大きくなります。

適用製品

オペアンプ
CMOSオペアンプ
バイポーラオペアンプ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください