Renesas Synergy™

FAQ 1007949 : far jump呼び出し機能とは何をするためのものですか?

回答

Cコンパイラは、関数呼び出しにjarl命令を使用します。
しかし、jarl命令は22ビット・ディスプレースメントであるため、 プログラム配置によってはアドレス解決ができず、リンク時にエラーとなります。
このような場合、Cコンパイラの-Xfar_jumpオプションで、関数呼び出しを ディスプレースメント幅に依存しない関数呼び出しにすることができます。
これを、far jump機能と呼んでいます。
far jumpを指定した関数の呼び出しに対しては、jarl/jal命令ではなくjmp命令が出力されます。


[関連情報]

 

 

適用製品

V850用コンパイラパッケージ [CA850]

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください