Renesas Synergy™

FAQ 1007930 : コンパイラ・オプションで -Xr を指定していますが、 ROM化用オブジェクトが生成されません。 どうすればよいですか?

回答

ROM化用のオブジェクトを作成するためには、ROM化プロセッサを 起動する必要があります。

PM+の コンパイラオプションの設定ダイアログの [その他]タブの "他のオプション" で、-Xr を指定しても PM+からromp850が起動されません。
そのため、出力されたオブジェクトはROM化されたものになりません。

コンパイラの処理の流れは次のようになります。

PM+のコンパイラ共通オプションの設定ダイアログの[ROM化]タブの "ROM化用オブジェクトの生成" をチェックして -Xr を指定することで PM+からromp850が起動され、 ROM化されたオブジェクトが生成されます。

コンパイラの処理の流れは次のようになります。

 

 

適用製品

V850用コンパイラパッケージ [CA850]

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください