Renesas Synergy™

FAQ 1008902 : オーバーラン(Over run)

データをやりとりする場合に、送り側が受け側の処理速度を超えて送ってきたときには受け側は正しいデータを受け取れなくなります。この状態をオーバーランと呼びます。
例えば、シリアル通信で利用されるUARTの場合には、1ビットずつシリアルに送られてきたデータはシフト・レジスタに取り込まれ、パラレル・データに変 換され、必要なビットが揃うとバッファ・レジスタに転送されます。このとき、バッファ・レジスタからデータが読み出される前に次のデータがパラレル・デー タに変換され、バッファ・レジスタに転送されると、前のデータが上書きされてしまいます。



UARTではこのような状態になると、フラグをセットしてオーバーランを通知します。→オーバーフロー

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください