Renesas Synergy™

FAQ 1005651 : IEEE1394にコモン・モードのチョーク・コイルは、なぜ必要なのですか。

チョーク・コイルは、VCCI/EMIの特性を向上させるのに、とても有効な部品です。できるだけ、コネクタの直近に配置することによって、最大の効果を得ることができます。
また、S200/S400のスピード・シグナルを少し鈍らせて、受信側のスピード・シグナル検出を容易にする副次的な効果もあります。
使用する物理層の最大転送レートに応じて、正しいインピーダンス特性のチョーク・コイルを選定してください。

注意 メーカによって、チョーク・コイルの端子配置が異なる場合があります。部品選定や回路図作成の際に、ご確認ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください