Renesas Synergy™

FAQ 1007305 : なぜ、ウォッチドッグ・タイマはプログラム実行中に動作停止/再開ができないのですか。

ウォッチドッグ・タイマはプログラムの暴走を検出するための手段です。
そのために、プログラムがどのような状態になっても動作していないとプログラムが暴走したかの監視ができません。
例えば、プログラムによって停止させることができるとします。このとき正常な処理として停止したなら問題ありませんが、プログラムの異常動作により停止さ れてしまう可能性があります。監視対象から影響を受けてしまう(停止できてしまう)ようでは十分な監視機能は果たせません。
このような危険性をできるだけなくすために、ウォッチドッグ・タイマはプログラムにより停止できないようになっています。
最近のマイコンでは動作クロックを停止するようなスタンバイ機能が搭載されています。その影響を受けないようなクロックで動作可能なウォッチドッグ・タイマもあります。

 

 

適用製品

V850 ファミリ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください