Renesas Synergy™

FAQ 1006076 : オペアンプを利用した演算回路は、どのような構成ですか。

それぞれ、次のような構成です。

(1) 加算回路
入力電圧の和を出力する回路です(出力電圧の定格範囲内)。


(2) 減算回路(差動増幅回路
入力電圧の差を出力する回路です。


(3) 微分回路
入力電圧の微分値を出力する回路です。


おもにアクティブ・ハイパス・フィルタとして利用されますが、周波数に比例して利得が増加し、高周波ノイズ成分も増幅します。このため、出力の立ち下がりをなだらかにする不完全微分回路がよく用いられます。

不完全微分回路は、高周波成分に対して積分特性を示します。

(4) 積分回路
入力電圧の積分値を出力する回路です。

おもにアクティブ・ロウパス・フィルタとして利用されます。

 

適用製品

オペアンプ
CMOSオペアンプ
バイポーラオペアンプ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください