Renesas Synergy™

FAQ 103476 : シリアル送信で送信可能ステータスはSCI3.SSR.BIT.TENDか、SCI3.SSR.BIT.TDREのどちらをチェックすればよいのでしょうか?

送信可能の判定はシリアルステータスレジスタ(SSR)のTDREビットをチェックしてください。TDRE=1であれば次データの送信が可能です。ダブル バッファ構造になっておりますので、送信中でもTDRE=1の確認後にトランスミットデータレジスタ(TDR)へ送信データをライトすることで連続送信が 可能です。
SSRのTENDビットは送信処理の終了判定にご使用下さい。TEND=0では送信中です。TEND=1を確認後にシリアル通信の終了処理や端子機能の切替えを行って下さい。

 

適用製品

H8/300H Super Low Power
H8/38602R
H8/38086R
H8/38076R
H8/300L Super Low Power
H8/3887
H8/3867
H8/3857
H8/3854
H8/3847R, 3847S, 38347, 38447
H8/3827R, 3827S, 38327, 38427
H8/38024R, 38024, 38024S, 38124
H8/3802, 38002S, 38004, 38104
H8 Super Low Power
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください