Renesas Synergy™

FAQ 105178 : 【I/Oポート】 マイコンのポート駆動能力はどのように計算すればよいか。[2003/02/06]

3803グループのポートP60"H"出力電圧の例で説明します("L"出力電圧の場合も考え方は同じです)。3803グループの、電気的特性ポートP60のVOHと、標準特性例 ポートP60 IOH-VOH特性(Pチャネルドライブ)を示します。

表.3803グループ 電気的特性(指定のない場合はVcc=2.7~5.5V, Vss=0V, Ta=-20~85℃)

記号 項目 測定条件 規格値 単位
最小 標準 最大
VOH "H"出力電圧
P00~P07,P10~P17,P20~P27,
P30,P31,P34~P37,P40~P47,
P50~P57,P60~P67 
IOH=-10mA
Vcc=4.0~5.5V
Vcc-2.0     V
IOH=-1.0mA
Vcc=2.7~5.5V
Vcc-1.0     V

 

例1) Vcc=5Vで10mA流す場合の"H"出力電圧

(1)電気的特性から、このマイコンの"H"出力電圧(VOH)の最小値は、Vcc-2.0 = 5.0-2.0 = 3.0[V]であることが分かります。VOHが3.0V以上あればよい場合は、これで問題ありません。
上記の規格は「Vcc=5Vで10mA流す場合でも、"H"出力電圧が3.0Vを下回ることはない。」という意味で、保証できる範囲を示します。

(2)次にVOHの最小値が3.0Vでは低すぎる場合、ポートの標準特性例を参照してください。標準特性例は標準サンプルで測定した結果を示します。グラ フからVcc=5Vで10mA流した場合、このサンプルではVOHが[Ta=25℃]のとき4.5V程度、[Ta=90℃]のとき4.4V程度になったこ とを示します。目標としているVOHが、この値にある程度の余裕を考慮した値で達成できるかどうかを検討してください。どの程度の余裕を持たせるかは、シ ステムに合わせて決めてください。なお、標準特性例は、標準サンプルでの測定例ですので、参考値であり、保証はされません。

(3)標準特性例から求めた値が、目標としているVOHを満たさない場合は、外付けのドライバ等を検討してください。

例2) 使用条件が電気的特性の測定条件と合わない場合

例えば3.0Vで5mA流したい場合など、電気的特性の測定条件に合わない場合は、電気的特性のVOHとIOHからポートのトランジスタの抵抗値を求めたり、標準特性例のグラフから使用条件にあう曲線を推測したりして、そこから検討してください。

各マイコンの規格は、該当マイコンの電気的特性、出力ポートの標準特性例を参照してください。いずれも該当する機種の、該当するポートを確認してください。 (#105574)

 

適用製品

3803H
3803L
3823
3850A
3858
38D2
38D5
7544
7545
7546
7547
7548
7549
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください