Renesas Synergy™

FAQ 1000295 : ΔΣA/D変換器で変換精度が得られる推奨入力範囲を教えてください。

ハードウェアマニュアルの「ΔΣA/D変換特性」をご参照ください。
入力電圧範囲(対入力オフセット電圧)と入力オフセット電圧により
推奨する入力範囲が決まります。

例えば、シングルエンドでAVrefT=3.3、ゲイン8倍モードのとき、
「ΔΣA/D変換特性」から
入力電圧範囲(対入力オフセット電圧)は±1/12×AVrefT(=±0.275V)になります。
入力オフセット電圧は「1/4×AVrefT ~ 3/4×AVrefT」の範囲になります。
入力オフセット電圧を範囲内の1/4×AVreT(=0.825V)にした場合、
推奨入力範囲は0.825V±0.275V、すなわち、0.55V~1.1V(参考値)になります。

詳細はアプリケーションノート
「H8SX ファミリ ΔΣA/D コンバータユーザーズガイド」(RJJ06B0903)の
「推奨入力範囲とデジタル値」の章
「シングルエンド入力」の章
「差動入力」の章
をご参照ください。

なお、A/D 変換結果の算出式に関してはFAQ1000294をご参照ください。

適用製品

H8SX/1622
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください