Renesas Synergy™

FAQ 1000575 : 外部バス・インターフェースにおいて、バスは何故ビット数が併記されるのですか?

アドレスバス(Address bus)は、CPU や DMA 、外部バス・インターフェース接続を行うユニットが、アクセス可能なメモリのセルの物理アドレスを指定するために使用するバスです。アドレスバスの幅によってアクセス可能なメモリサイズが決定され、アドレスバスの値によってアクセスしたいメモリセルが決定されます。例えば 16ビット幅のアドレスバス (1970年代から1980年代の8ビットプロセッサで一般的に使用された) は、2の16乗 = 65,536 = 64kバイトのメモリにアクセスできます。32ビット幅のアドレスバスは 2の32乗 = 4,294,967,296 = 4Gバイトのメモリにアクセスできます。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください