Renesas Synergy™

FAQ 1006578 : マイコンの内部ROMの種類によって、用途が変わるのですか?

MCUには、PROMやフラッシュ・メモリ、マスクROMを内蔵した製品と、ROM無し(ROMレス)製品があります。

PROMやフラッシュ・メモリには、ユーザがプログラミング・ツール(プログラマ)でプログラム書き込みを行い、 試作や評価、少量生産などに利用されます。

PROMには1回しか書き込めないOTPと、消去・再書き込みのできるEPROMがあります。
現在の主流はフラッシュ・メモリです。

マスクROMは、ユーザ・プログラムに応じた拡散マスク (LSI製造に使用) を専用に準備し、 製造工程でユーザ・プログラムを作りこんで、出荷時にはすでにプログラミングができているセミカスタム品です。

ROM無し品は、外部にプログラミングしたROM等を接続するMCUで、 ROMだけの交換をする試作・評価や、複数ROMの切り替えで機能切り替えをするシステムなどに利用されます。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください