Renesas Synergy™

FAQ 1011152 : CC-RX V1コンパイラを使用時、次のエラーが出力されます。回避方法を教えてください。 「L3100 (F) Section address overflow out of range: "セクション"」

エラー

L3100 (F) Section address overflow out of range: "セクション"

回答

  • High-performance Embedded Workshop環境をご使用の場合
    RX Standard Toolchainsの最適化リンクタブ内の"セクションの開始アドレス"(-startオプション)の設定を見直してください。
  • CS+環境をご使用の場合
    CC-RX(ビルドツール)プロパティのリンクオプションタブ内の"セクションの開始アドレス"(-startオプション)の設定を見直してください。

エラーで指摘しているセクションが、RXで使用可能なアドレスの上限領域(0xFFFFFFFF)を越えています。

なお、リンク時に最適化オプションを指定している場合は、リンク時の最適化が実施される前のリンク結果がRXで使用可能なアドレスの上限領域を越えてしまう場合もエラーを出力します。

ライブラリファイルを使用して参照されないシンボルをリンクしているときには、以下の方法で回避できる可能性がありますのでお試しください。
ライブラリファイルに登録するオブジェクトファイルは、できるだけ関数単位(1関数、1ファイル)になるようにファイルは分割してみてください。
上記を実施する理由として、ライブラリファイルに登録されている1つのオブジェクトファイル(.obj)内に複数の関数が定義されている場合は、その中の1関数が参照されるとファイル単位でリンク対象になります。
結果、参照されていない関数も最適化前にはリンクの対象になるからです。

適用製品

CS+ (旧 CubeSuite+)
High-performance Embedded Workshop
RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください