Renesas Synergy™

FAQ 106084 : 正確なA/D変換を実現するためのハードウェア上の注意点はあるか?

A/D変換を行うためには、内部コンデンサを充分に充電する必要がありますが、A/D変換対象のインピーダンスが高いと充放電に時間がかかり、正確な変換値が得られません。正しいA/D変換を行うためには、アナログ入力端子に接続する信号源のインピーダンスを充分に低くしてください(計算方法はハードウェアマニュアルを参照してください)。また、A/D変換時に発生する入力電流の影響を抑えるためアナログ入力端子にコンデンサを付加してください。

M16C/62Pの例

[R8Cファミリについては こちらをご参照ください。]

 

適用製品

M32C/8A
M32C/88 (M32C/88T)
M32C/87 (M32C/87, M32C/87A, M32C/87B)
M32C/85 (M32C/85, M32C/85T)
M32C/84 (M32C/84, M32C/84T)
M32C/83 (M32C/83, M32C/83T)
M32C/80
M16C/62A
M16C/62A(M16C/62T)
M16C/62M
M16C/62N
M16C/62N(M3062GF8NFP, M3062GF8NGP)
M16C/62P (M16C/62P, M16C/62PT)
M16C/63
M16C/64A
M16C/64C
M16C/65
M16C/65C
M16C/6C
M16C/6N4, M16C/6N5
M16C/6NK, M16C/6NL, M16C/6NM, M16C/6NN
M16C/5L
M16C/56
M16C/5LD
M16C/56D
M16C/5M
M16C/57
M16C/30P
M16C/28 (M16C/28, M16C/28B)
M16C/26A (M16C/26A, M16C/26B, M16C/26T)
M16C/1N
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください