Renesas Synergy™

FAQ 1010573 : RL78/G13のクロック発振回路で,どちらが入力側で,どちらが出力側ですか?

RL78/G13のハードウェアマニュアルの「2. 4 端子ブロック図」の「図2-4 端子タイプ 2-2-1 の端子ブロック図」が発振回路のブロック図です。その抜粋を左下に示します。これからわかるように,X1やXT1が発振回路の入力側で,X2やXT2が出力側になります。
発振回路の振幅を制限するための抵抗(Rd)はX2やXT2側に入れてください。(下図参照)
ただし,外部からクロックを入力する場合にはX2やXT2側に入力してください。

適用製品

RL78 ファミリ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください