Renesas Synergy™

FAQ 1009060 : アービトレーション(Arbitration)

複数の能動素子がある資源を共有する場合などに、同時アクセスによる衝突を避けるために行う調停のことです。これにより、優先されたアクセスが終わってから、保留されていたアクセスが行われるようになります。
バス・アービトレーションという表現がよく用いられますが、これはマイコン・システムで、バスの使用権を調停することです。たとえばDMAでは、DMAコントローラとCPUとのハンドシェークで、CPUをホールド状態にして、DMAコントローラがバスの使用権を得てデータ転送を行います。
3つ以上のデバイス間では、バス・アービタがアービトレーションを行います。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください