Renesas Synergy™

FAQ 1008813 : ハイ・インピーダンス(High Impedance)

ハイ・インピーダンスというのは、電気信号に対して高抵抗を示す特性のことで、「Hi-Z」で表します。具体的には、MOSデバイスのディジタル動作などで、出力信号を遮断して外部と切り離したり、入出力兼用端子を入力に切り替えたりするときに発生する状態です。
これらの状態は、1本の信号線を複数の出力が共用するときに、信号が衝突することを避けるために発生させます。内部的には、その信号線に対してリーク電流というごくわずかな電流しか流れず、浮いた状態となり、これをフローティングと呼びます。
なお、MOSデバイス同士の接続の場合、Hi-Z状態では、他に駆動源がないと入力(出力端子の場合、接続デバイスの入力)がフローティングとなり、入力バッファに貫通電流が流れる恐れがありますので、プルアップなどの処置が必要となります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください