Renesas Synergy™

FAQ 1010087 : CTS#/RTS#信号は1つのピンで入出力を兼ねているようですが、RS232CドライバのCTS#、RTS#信号を直接このピンにつなげばよいか?

CTS#/RTS#端子は、CTSイネーブルビット(SPMR.CTSE)でCTS機能とRTS機能を排他的に使用する仕様になっています。したがって、ドライバ側のCTS#とRTS#の信号を1つの端子に接続しても、どちらか一方の機能しか使用できません。
CTS#とRTS#の両方の制御が必要な場合は、どちらかの信号をCTS#/RTS#端子に接続し、もう一方の信号は汎用ポートや外部割り込み端子に接続してCTS機能またはRTS機能を代用する必要があります。

RTS機能を汎用ポートで代用した場合、受信不可の状態になった時点からポート制御による遅延によりフロー制御が間に合わず、相手側が送信を開始してしまう可能性があります。そのため、割り込み処理でCTS機能を代用することを検討してください。ただし、CTS機能を代用した場合はソフトウェア制御の時間分だけ送信タイミングが遅くなることが考えられます。
どちらの機能を使用し、どちらの機能を代用するかは、 お客様のアプリケーションに応じて選択いただきますようお願いします。

 

適用製品

RXファミリ

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください