Renesas Synergy™

FAQ 1010753 : クロックパルス発振器(CPG)にて動作周波数の分周比を設定(変更)する際の留意点を教えてください。

SH7216/SH7214およびSH7239/SH7237では、周波数制御レジスタ(FRQCR)値の設定変更時、主な留意点として下記事項があります。

FRQCRに値を書き込んだ直後は、FRQCRをいったん読み出した後、32Pφクロック分のNOP命令を実行してください。
NOP命令の数は、スーパースカラによる2命令並列実行性を考慮して、(Iφ÷Pφ)×32×2個になります。
(Iφ:CPU内部クロック、Pφ:周辺クロック。いずれも変更後の周波数を適用してください)

また、上記のFRQCR設定処理は、内蔵RAM上のプログラムで行う必要があります。

その他の詳細情報については、各種ユーザーズマニュアル ハードウェア編の「クロックパルス発振器(CPG)」の章の「レジスタの説明」および「周波数変更方法」の各節を参照してください。

適用製品

SH7214, SH7216
SH7239, SH7237
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください