Renesas Synergy™

FAQ 1000247 : TGR インタラプトイネーブルA(TGIEA)ビットの値を切り替えることで割り込みの許可/禁止を行っています。割込み禁止(TGIEA=0)に設定した後にTGRAビットによる割り込み処理に入ることがあるのですがなぜでしょうか。

内蔵周辺モジュールのレジスタのアクセスには、ハードウエアマニュアル バスステートコントローラの章の内蔵周辺モジュールのアクセスで記載されている時間が必要です。従って、割込み許可ビットをクリアする命令の実行後、そのビットが実際にクリアされるまでの間に割り込みが発生すると割込み処理が実行されてしまいます。
お客様のシステムが、割り込みを割込み優先レベル単位で禁止に設定可能であれば、ステータスレジスタのIMASKで割込みを禁止にしてください。IMASKの設定には上記のような遅延は発生しません。

適用製品

SH7286
SH7285
SH7265
SH7263
SH7262, SH7264
SH7243
SH7214, SH7216
SH7211
SH7206
SH7205
SH7203
SH7124, SH7125
SH7147
SH7146, SH7149
SH7137
SH7136
SH7083, SH7084, SH7085, SH7086
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください