Renesas Synergy™

FAQ 1011530 : RL78コンパイラCC-RLを使用しています。SFRをアクセスするにはどのように記述するのでしょうか?

Q: 質問

RL78コンパイラCC-RLを使用しています。SFRをアクセスするにはどのように記述するのでしょうか?


A: 回答

統合開発環境でプロジェクトを作成時にiodefine.hファイルが生成されます。このファイルをインクルードしてください。バイトとワードのSFRとビットのSFR(ハードウェアマニュアルのビット番号が四角で囲まれたもの)は、その名前でアクセス可能です。ハードウェアマニュアルのビット番号が四角で囲まれていないものは、iodefine.hで定義されている_bitの名前の付いたバイトとワードの予約語を利用してアクセスしてください。
(例)
ADM2 = 0x12; /* バイト予約語 */
ADTYP = 1; /* ビット予約語 */
P0_bit.no2 = 1; /* ビットに予約語がない */

 

適用製品

e² studio
CS+ (旧 CubeSuite+)
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください