Renesas Synergy™

FAQ 1006751 : アドレス送信でアクノリッジが戻らなかった場合にACKD0でのループがいけない理由はなんですか。

I2Cバスではスタート・コンディションの直後がアドレスの指定と定義されています。従って、スタート・コンディションの直後にアドレスを送信して、アク ノリッジが戻らないからといって、再度送信しても、スレーブはそれをアドレスとは解釈しません。
スレーブに対して、アドレスだと認識させるには、再度スタート・コンディションを発行して、アドレスを送り直してください。
または、ストップ・コンディションを発行して、一旦バスを開放し、時間をおいてから、再度スタート・コンディションを発行して、アドレスを送信してみてく ださい。

備考
明らかに存在するスレーブのアドレスを指定しているのにアドレスに対してアクノリッジが戻らない場合にはスレーブが何らかの処理中でビジー状態にあり、応 答しない可能性が考えられます。これは個々のデバイスで異なると考えられますので、個々のデバイスのマニュアルで確認してください。

適用製品

RL78 ファミリ
78K ファミリ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください