Renesas Synergy™

FAQ 1000572 : V850マイコンの外部バス・インターフェースのアイドル・ステート機能について説明してください。

アイドル・ステート機能は、低速メモリに対するインタフェースを容易に実現させることを目的とします。
チップ・セレクトで選択される空間ごとに起動されるバス・サイクルに対し、マルチプレクス・アドレス/データ・バス時にはT3ステート後に、セパレート・アドレス/データ・バス時には、T2ステート後に1ステートのアイドル・ステート(TI)を挿入できます。
アイドル・ステートを挿入することにより、リード・アクセス時のメモリのデータ出力フロート遅延時間を確保することができます。下記の図ではバス・サイクルの最後となるT3ステートの後に、TI=31.25ns分のアイドル・ステートを挿入することにより、リード・ストローブ信号(RD)と同期するSRAM上の出力イネーブル信号(OE)の「出力イネーブル後出力ディスエーブル時間(tdis(OE)=40ns)」(SRAM上でデータが保持される時間)分が取れましたので、AD15-AD0の出力フロート時間が確保されました。

 

適用製品

V850 ファミリ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください