Renesas Synergy™

FAQ 1009115 : 貫通電流(Through Current)

CMOSデバイスに、ハイとロウの中間の電圧を入力すると発生します。

CMOSは PMOSと NMOSの組み合わせですが、ともにある電圧で完全にOFFとなるのではなく、 中間電位では両方が ON状態となります。
このため、電源からグランドへ電流が突き抜けてショート状態となり、この電流を貫通電流と呼びます。

立ち上がりや立ち下がりの遅い入力では、中間電位の入力時間が長いため、 貫通電流が発生して内部電源が弱くなり、誤動作につながる恐れがあります。

また、未使用のCMOS入力がオープンになっている場合も、入力がアンテナとなってノイズを拾い、 貫通電流が流れる要因となります。
貫通電流はショート状態で発生しますから、劣化を促進させます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください